毛髪トラブを防ぐ、五つの対処法

頭皮の血行不良は、抜け毛や薄毛などの原因になると言われています。血行不良になると毛髪トラブルを起こしてしまいます。頭皮には、毛細血管と呼ばれる細い血管がたくさん張り巡らされて、この毛細血管を通して、髪の毛を作る毛母細胞という細胞に栄養が届けられるです。毛細血管で血行不良が起きると、流れる血液の量が少なくなるため、毛母細胞に届く栄養が減少。栄養が減ってしまうと、毛母細胞は髪の毛を成長させることが難しくなってしまいます。血行不良が毛母細胞の栄養不良を引き起こすことが、頭皮の血行不良が毛髪トラブルの原因と言われるです。

毛髪トラブを防ぐために、頭皮マッサージ、生活習慣の改善、ストレスの解消、冷え対策、育毛剤などによる頭皮環境の改善の五つの対処法があります。

頭皮マッサージ

毛髪トラブを防ぐためにできることは、まず頭皮マッサージが挙げられます。指で優しくマッサージをして頭皮をほぐすことで血管も柔らかくなって、血行が促進されます。頭皮に過剰な負担をかけずに血行を促進するためには、正しい方法で毎日マッサージを行いましょう。

生活習慣の改善

生活習慣の中に全身の血行不良を起こす要因を持っている人は注意です。血管は全身つながっていますから、頭皮の毛細血管も当然、毛髪トラブを防ぐなら、その栄養を受けることになります。頭皮の血行促進をしたいのであれば、全身の血行が良くなるように生活習慣を改善していくことも大切なのです。

ストレスの解消

精神的なストレスも実は、全身の血行に影響を及ぼすことがあります。ストレスやイライラを感じているとき、人間の体は交感神経が興奮しています。この交感神経が興奮すると、血管は収縮してしまうから、血行が悪くなってしまうです。ストレスを解消させてリラックスすると、逆に副交感神経が優位になり、血管が拡張します。毛髪トラブを防ぐため、ストレス解消は血行促進につながるのです。

冷え対策

体の冷えは、全身の血行を悪くする要因のひとつ。この冷えの改善をすることが、頭皮の血行促進にもつながることが考えられます。冷え対策としては、最初は湯船に浸かること。シャワーだけで済ませないにお湯にしっかりと浸かることで、全身を温めて血流を良くしてくれます。

育毛剤による頭皮環境の改善

毛髪トラブを防ぐためには、育毛シャンプーや育毛剤を使用するという方法もあります。育毛シャンプーや育毛剤には、頭皮の環境を整え、血行促進効果が期待できる成分が含まれています。シャンプーなら、普段使っているものから頭皮ケア専用品に変えるだけ。手間でなければ、育毛剤を併用してみるのも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です